レスター伯の限界

なんもかんも政治が悪い......

アニメ

劇場版アイドルマスター『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ』感想: 輝いたステージに立つということ

色々とあって機会を逃してた劇場版アイマス(ムビマス)をようやく見てきました。 思ってた以上にガツンときたので、客観的な評価とか全部放り投げて、超主観的で超個人的な感想を勢いのままに書いてしまおうと思います。こういうノリ久しぶり。 ・ニコマス…

【告知】毎週日曜日21時から『伯すま咲TV!』で咲トーク【定期放送化】

あけましておめでとうございます。2014年もよろしくお願いします。 昨年後半から、さっすまと一緒に咲関連の感想USTを発売日にあわせて行ってきましたが、2014年はそれを定期放送化(『伯すま咲TV!』)したいと思います。 全国編の放送も始まったので(関西…

アルバム『2B PENCILS』が証明する『神のみぞ知るセカイ』の底力

みなさんは『神のみぞ知るセカイ』の作中に登場するバンド、「2B PENCILS」をご存じだろうか? 2B PENCILS (ギターピック&鉛筆付き初回限定盤) アーティスト: 2B PENCILS 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2013/12/11 メディア: CD この商…

新声優の予習をしながら、『咲-Saki-全国編』に備えよう

いよいよ『咲-Saki-全国編』の放映まで一ヶ月を切りました。先週末には本編の、今週末には阿知賀編のニコ生一挙放送があるなど、否が応でもテンションが上がらざるを得ない状況になってきましたね。 &a…

ちひろの恋と桂馬が作る物語—アニメ『神のみぞ知るセカイ』女神編最終回に寄せて—

「本当にね、もうね、どんだけ泣けばいいんだよ......」 アニメ『神のみぞ知る世界』の最終回を見終わって、あらためてちひろというヒロインの魅力に打ちのめされています。見逃しているという人は、女神編だけでも大傑作なので、今週の日曜まで視聴可能な11…

清水谷竜華の最高状態に関する一考察

「怜を感じてますか?」(挨拶) 『阿知賀編』14話もAT-Xで放送され、ニワカ先輩の再登場や、哩姫のリザベーションに興奮した(or AT-X見れずに悔し涙に枕を濡らした)咲クラスタの皆様におかれましてはお疲れさまさまです。 僕も、思わずモゲマスのユニット名…

レスター伯的2012年ベストエンタメ

12月23日に行われた、海燕さんのニコ生にて、「ゆるおた大賞」という形で2012年のベスト作品とは何かという話に参加してきた。(1週間後までは以下のリンクからタイムシフト視聴可能) ・『ゆるオタ残念教養講座』クリスマス直前ニコ生「決定! 第一回ゆるオ…

やっぱり今回もどデカかった! ―『アマガミSSビジュアルファンブック』のすすめ―

『アマガミSS』のTV放送終了から早半年、BDも『ちょおま劇場』も最終巻まで販売は完了しました。しかし、ファンなら今月発売のビジュアルファンブックはぜひゲットすべき!素晴らしい出来に仕上がっています!アマガミSS ビジュアルファンブック (TECHGIAN S…

SF的想像力、ガンガンONLINEの勢い、そしてとまらない淫乱ピンク ーおすすめコンテンツ6月号ー

勢いで書いちゃう位衝撃があった『四月は君の嘘』や、長い事考えていた『日常のドラゴンスクリュー問題』みたいな記事は書けても、うちのスタンダードたる単品コンテンツ紹介記事がなかなか書けない体になってしまってます (´・ω・`) そこで、ネタ出しも含め…

みおのドラゴンスクリューにみる『日常』とプロレスの関係 ―日常系における「ガチの論理」に関する一考察―

原作でもアニメ版でも『日常』を見ていると、プロレス的な描写が多い事に気づくと思います。 具体的にはアニメ版6話における、校長対鹿のシーン、そして、キャンプ場のシーンにおけるみおのドラゴンスクリューなどをあげる事が出来ます。こうした描写からは…

「てへぺろ(・ω<)の歌」がツボったw —『アスタロッテのおもちゃ』ED曲 azusa『真夏のフォトグラフ』のすすめ—

Ustreamでazusaの新シングル『真夏のフォトグラフ』発売記念ライブがあったのですが、今回MCをつとめた日笠陽子にシークレットで捧げられた、「てへぺろ(・ω過ぎたwてへぺろの歌 #hikasa #azusa - ニコニコ動画この日の日笠は芸人としてもよかったし、眼鏡店…

年下属性に年上属性が合わさり最強にみえる! ―「年下なのに姉属性のキャラ」のすすめ―

最近ペトロニウスさん(id:Gaius_Petronius)に色々とインストールしているレスター伯です(`・ω・´)月末あたりにまた「日常系アニメ」を中心としたustをやる事になると思いますが、それに向けて取り急ぎ『日常』や『アマガミSS』あたりを薦めています。日常…

『ヒャダインのカカ加賀☆片岡李』ープロ野球選手で替え歌シリーズのすすめ―

最近『日常』のOPパロでいい動画がたくさん上がってきてますね。ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-Cアーティスト: ヒャダイン,前山田健一出版社/メーカー: ランティス発売日: 2011/04/27メディア: CD購入: 3人 クリック: 367回この商品を含むブログ (62件) …

にぃにとみゃーと裡沙ちゃんの物語 ―『アマガミSS』BD第13巻上崎裡沙&橘美也編のすすめ―

『アマガミSS』BDマラソン、ついに完走!! アマガミSS 12 絢辻 詞 下巻 (Blu-ray 初回限定生産)出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2011/04/29メディア: Blu-ray購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (5件) を見るアマガミSS 13 上崎裡沙&…

日常系としての新しさと古典性/ノスタルジー ー日常系としての『日常』の新しさー

いずみのさん(id:izumino)が日常系と『日常』に関するエントリで、うちのこないだの『日常』レビューを取り上げてくれました。参考:『日常』から「日常系」という存在を捉えてみるーピアノ・ファイア詳しくは記事を読んでもらえたらと思うのですが、ギャグ…

15分アニメだからこその濃度 ー『よんでますよ、アザゼルさん。』のすすめー

昨日は『日常』を爆笑ギャグアニメとして紹介しましたが、今期のギャグアニメと言えばもう一本、『よんでますよ、アザゼルさん。』も『日常』に匹敵する爆笑アニメでしょう。不条理/シュールな濃さを持つ『日常』とは異なり、より直球で下衆な濃さが魅力な…

大人も子供も、おねーさんも。みんな全力で日常を笑おうじゃないか ―『日常』のすすめ―

『シュタゲ』、『あの花』、『アザゼルさん』、『いろは』......前評判とは裏腹に、今期は面白いアニメが多くて、楽しくも大変な「日常」を過ごしていますが皆さんはどうでしょうか?そんな豊作な印象のある春アニメの中でも特に一押しなのは『日常』でしょ…

アニメで動くアイドルたちが来たぞ! ―アニメ『アイドルマスター』PV第2弾のすすめ―

今晩放送されたアニメ版アイドルマスターのラジオ、iM@STUDIOの公式ニコ生で色々と発表がありました。 なんといっても、放送内で流れたPV第2段において、公式アニメで動いてるアイドルがきましたね! 色々と忙しくてゲームの方はほとんどプレーできてないで…

ネット復帰祝いに最近おすすめの漫画・アニメ・小説を紹介してみる

ようやく新居のネットが開通しました。職場にもだいぶ慣れてきたことですし、ブログも通常運転していきたいところです。 引っ越ししてる間に色々と本を読んだり、PC周りの環境が変わったりしたので、リハビリがてら、最近のおすすめを一気にご紹介。 1.漫…

「みなさーん、ここに変態がいますよ」 ―アマガミBD絢辻詞編のすすめ―

パッケージヒロインきた、これでかつる!! そしてついに布ポスターもメインヒロインがそろいましたよいよいよ部屋が限界です(´・ω・`)でも、来月引っ越すと少し広くなるので、7枚目もどんとこいです(`・ω・´)*1 ついにアマガミBDも絢辻さん編までたどり着…

(´・ω・`)\(^o^)/(`・ω・´) ―「おちんこEDパロリンク」のすすめ―

おちんこEDパロリンクかつて、ここまで(´・ω・`)な名前のタグがあっただろうか?しかし、このタグは現在、その名前に反してすごい盛り上がりを見せています! これだけだと「いったいどういうことだってばよ!?」って思う人もいると予想されますが、今日は…

スーパー銀河河森歌劇場 ―『マクロスF―サヨナラノツバサ』のすすめ―

『マクロスF―サヨナラノツバサ―』見てきました。劇場版マクロスF サヨナラノツバサ netabare album the end of”triangle”アーティスト: シェリル・ノーム starring May’n&ランカ・リー=中島愛 produced by 菅野よう子出版社/メーカー: フライングドッグ発売…

奏の作り出すリズムが素晴らしい ―『スイートプリキュア』のすすめ―

2月から始まった待望のプリキュア新シリーズ『スイートプリキュア』。絵柄的にもストーリー的にも変化球だった前作の『ハトプリ』も面白かったですが*1プリキュア二人の在り方とかが大好きだった初代プリキュアを思わせて、日曜日の朝が楽しみでなりません!…

アイマス2の前に合作を見ようじゃないか ―アイマス×けいおん合作『放課後ライブ4U!』のすすめ―

いよいよ1週間後に発売される『アイドルマスター2』。僕も編集に携わった『敷居の部屋の困惑』で特集したように、ソフト発売前からたくさんの騒動が巻き起こってきましたが、最近ではS4Uモード*1が発表されるなど、発売に向けて俄然期待が高まってきつつあり…

等身大の梨穂子はかわいいなあ! ―アマガミBD桜井梨穂子編のすすめ―

「ぽっちゃりしてても、梨穂子はかわいいなあ!」 本棚5段分も、5度目となるとインパクトも薄れるかなと思いましたが、腹の肉つきのリアルっぷりにスタッフの愛を感じる仕上がりになってました。実にすばらしい(`・ω・´)アマガミSS 9 桜井梨穂子 上巻(初回…

まどか可愛いよ、まどか―『魔法少女まどか☆マギカ』のすすめ―

こないだ90年代を押し出した今期のアニメ語りをしたわけですが、とはいえ、やっぱり一番楽しみにしてるのは、『魔法少女まどか☆マギカ』であることは否定できないわけです。ネット上でも様々な角度から語られてますし、まとめサイトを中心に毎週壮絶なネタば…

2011冬アニメは「90年代」が熱い! ―「これはゾンビですか?」「スーパーロボット大戦OG」「レベルE」のすすめ―

2011年冬アニメが始まって早一ヶ月。今期のアニメといえば『魔法少女まどか☆マギカ』が話題を独占してる感がありますが、他にも何本か楽しんでるアニメがあります。確かに、前期と比べると「圧倒的に面白い」といえる作品は少ないですが*1個人的にツボな要素…

サブヒロインとしてのヒロインの在り方 ―『アマガミSS』全ヒロインレビューのすすめ 補論―

上崎さんまで含めた『アマガミSS』全ヒロインレビューを行ってきたわけですが、ヒロインたちは自分のシナリオ以外ではサブヒロインとして登場します。しかも、オムニバス形式をとっているために、サブヒロインとして登場しても橘さんとフラグを立てることは…

上崎さんと本気で恋しようじゃないか ―『アマガミSS』全ヒロインレビューのすすめ 特別編―

メインヒロイン6人分を書ききった『アマガミSS』全ヒロインレビューですが、アマガミSSのTV放送は24話ではなく25話まであったわけです*1。参考:ヒロインと本気で恋しようじゃないか ―『アマガミSS』全ヒロインレビューのすすめ 前編― ヒロインと本気で恋し…

ヒロインと本気で恋しようじゃないか ―『アマガミSS』全ヒロインレビューのすすめ 後編―

アマガミSS全ヒロインレビュー前編に引き続き、後編では七咲逢編、桜井梨穂子編、絢辻詞編が対象になります。前編で書いたように「6本のオムニバス恋愛映画」として描かれた、「ヒロインと恋をする作品」という前提に基づいてレビューしていきます。参考:ヒ…