レスター伯の限界

なんもかんも政治が悪い......

将棋

重層的なリアルが紡ぐ物語 ―『三月のライオン』5巻のすすめ―

羽海野チカが描く漫画ってとってもリアルだと思うのです。 それは描写が現実に近いというよりも、 読了後に心の奥底がこれでもかと揺さぶられるという意味で、 なんかリアルに届くというくらいの意味なんですが、 将棋界という特殊な世界を描いた『三月のラ…