レスター伯の限界

なんもかんも政治が悪い......

「こんな先生いてたまるか!」 ―『アマガミ ちょっとおまけ劇場』高橋麻耶編のすすめ―

「ああ、彼氏ほしぃ〜!」*1

でおなじみの、高橋麻耶先生のシナリオが楽しめるのは、

『TECH GIAN3月号』についてくるアマガミ ちょっとおまけ劇場』だけ!!(迫真

TECH GIAN (テックジャイアン) 2011年3月号 [雑誌]

TECH GIAN (テックジャイアン) 2011年3月号 [雑誌]


というわけで、今月号の『ちょおま劇場』は紗江ちゃんと麻耶ちゃん先生シナリオです。

特にメインヒロイン以外からの抜擢第一号の麻耶ちゃんシナリオは、

分量的に最長という噂もあり個人的に楽しみでなりませんでした。


個人的にはアマガミSS』における麻耶ちゃんが結構好きで、

上記した絢辻さん編のラストで教室の二人を見逃してあげるシーンはもちろん、

七咲編の屋台で酔っぱらってるシーンとか、

印象的なシーンは多かったですよね*2


また、29だというのに魅惑のボディーを誇っており、

ビーバー三国志について熱く語ってたはずの、

橘さんもついつい見とれてしまう程

コメンタリーでは梅原役の寺島さんが、

「こんな先生いてたまるか!」

と褒め言葉を全力で叫んでたほどw


ちなみに僕はちょうど同世代なのですが、

こういうダメさと熱さが混じった大人の女の人は大好きです(`・ω・´)*3




そんな麻耶ちゃんが主役の今回のシナリオでは、

まあ、冒頭から飲んでるわけですが*4

そんな先生も本編では橘さんとあんなことに…


これより先が見たい人はぜひぜひ『ちょおま劇場』をプレーしてみてください。

かなりすごい姿が見られますよ!

しかし、困って照れてる麻耶ちゃんかわゆす(´・ω・`)

もちろん、シリアスさもありますのでご安心を。


PSP版が延期した悲しみを抑えるのは大変ですが、

BDと『ちょおま劇場』があれば生きていける、きっと…

*1:アマガミSS』24話参照

*2:担任とクラス委員いうこともあり、絢辻さんと絡んでる印象が強い

*3:酒とか、どことなく中の人が漏れてきてると言えなくもないのかな…w

*4:ちなみに冒頭は5年前のエピソードで、あの「だし割り焼酎」の原点はここのようです