読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レスター伯の限界

なんもかんも政治が悪い......

今日は絶好の咲日和、楽しいよ(Ustreamに)おいで

 メリー咲日和!

 

 今年はクリスマスを廃止するまでもなく、自然と咲の日になったのでよかったですね。もちろんみなさん当たり前のように本屋やamazonに出向いてると思いますが、本日2013年12月25日は『咲12巻』、『シノハユ1巻』、『咲日和3巻』、そして『ビックガンガン 2014 vol.01』の発売日でございます。 

 

 

 

 僕も日付が変わると同時に、まずkindle版で全部購入して、朝一で本屋にいって購入してきました。

 

 とりあえず、まず語るべきは『シノハユ1巻』でしょうか。BG読んでない人は初めて本格的にシノハユの世界に触れることになると思いますが、慕ちゃんの圧倒的なヒロイン力にぶちのめされてください。この子のヒロイン力と麻雀愛はこれまでのりつべ神が想像したキャラの中でも間違いなく最強。

 一巻丸々つかって、そんな慕ちゃんのルーツを余すことなく描ききっています。キャラクターもいいけど、りつべとのコンビも二回目で、さらに画力と構成力を上げてきている作画担当のあぐりにも注目。阿知賀編の途中から明らかにブーストがかかってましたが、シノハユでは一話からあれを超えんばかりのテンション。疾走感がまじたまりません。あぐりの見開き最強伝説がここから始まらんとしております。

 あと、単行本も表紙の質感が全然違うし、デザインも変えてて、こういう細かい所からも『シノハユ』っていう作品を全力で作りに来ている感じがして本当に素晴らしいです。メダルもって笑顔の慕ちゃん、まじ大天使

f:id:pushol_imas:20131225091805j:plain

http://instagram.com/p/iU0CB7BKEc/

 

 そんなシノハユだけでなく、咲本編もいよいよ準決勝が本格的に進んでいきます。今回は先鋒戦と次鋒戦が収録されていますが、ついにベールを脱いだ個人戦全国3位のガイト先輩の圧力、漫ちゃんの爆発力に対してタコスがいかに立ち向かうのか。そして、今回はキンクリを発動させなかったものの、過去の重要なエピソードが発覚したまこの運命やいかに。後、大天使のよーが今回も大天使でかわいかった(*´ω`*)

 なお、今回の表紙はガイト先輩...ではなく、そのガイト先輩との因縁もあり、回想シーンに登場した個人戦全国2位の荒川憩。阿知賀編ではナースのコスプレで登場して騒然とさせましたが、三箇牧の制服自体がナース服っぽいという衝撃の展開が今巻であきらかになります。この子も間違いなく怪物なんだけど、表紙のイラストのとおりやっぱり「あらかわいい」なんだよなあ(*´ω`*)

*ちなみに12巻の表紙は聖地巡礼するまでもなく、毎週の様に通ってる万博公園前(日本庭園前)のエキスポロードですね。Jリーグがある週末はガンバサポでごったがえします。後、歩道橋の横あたりで警察がよくねずみ取りしてますね^^

 後、裏表紙はすこやんで、折り返し裏が照と、扇情的なワンピースのはやりん。てか、はやりん完全に犯罪ですよね、この格好...

http://instagram.com/p/iVLaiEBKHi/

 

 

 そして、こちらは本当に久しぶりの発売となった『咲日和3巻』。今回の表紙はみんな冬の装いで、とよねーとエイスリン、あと三角帽を被りつつも無表情の照がいい味出してます。神が弘世様と呼んでいることが発覚した菫さんの呆然とした表情もいいですね。ちなみにいつものやつはすばら先輩でした。

 肝心の内容は全国編や阿知賀編登場高校の回もゾクゾクと登場していて読みごたえばっちり。あえて見所をあげるならば、やはりカラーで収録されている新道寺の巻でしょう。ころたん回に負けずとも劣らないクオリティの新道寺回、「楽しいよ おいで」

http://instagram.com/p/iUqRvyhKPu/

http://instagram.com/p/Ztv3euhKO6/

 

 

 さて、そんな単行本ラッシュもいいのですが、連載派としては25日といえばやはりBG発売日です。今回はシノハユ巻頭カラーに、咲日和も全編カラーと圧倒的な咲シフト。表紙の小学生慕ちゃんが可愛すぎます^^

http://instagram.com/p/iUqq0MhKAd/

 

 内容の方は「100巻やりたい」との神の宣言にもあったように、じっくりじっくりとした感じで、まだまだ小学生編は続くと言うことでシノハユの名バイプレイヤー、閑無ちゃんの回想。シノハユは能力というより打ち筋にキャラクターが表れる感じですが、今回もそこらへんの細かい描写もしっかりとしながら閑無ちゃんのキャラを掘り下げています。

 また、カラーだった咲日和は、ある種咲日和の大エースの一角、愛宕家の巻②で攻めてきています。よく分かってらっしゃる。本編で雅枝が姉妹の母親であることが確定したところで、今回はオールスターで参戦です。内容も相変わらずのクオリティでやはり木吉紗天才すぎる。

 

 さて、こんな感じで今月号のBGも面白かったですが(巻中カラーの『ハイスコアガール』:の対決もたまらんかった)、毎回BGとヤンガンの発売日にはさっすまと咲感想USTやっています。今日もたぶん9時くらいからやる予定にしてるので、ぜひぜひ聞きにきてください。

 「楽しいよ おいで」


Live streaming video by Ustream